Mac業界の最新動向はもちろん、読者の皆様にいち早くお伝えしたい重要な情報、
日々の取材活動や編集作業を通して感じた雑感などを読みやすいスタイルで提供します。

Mac Fan メールマガジン

掲載日:

エム・エス・シー | ポータブル電源DEENO S1500

著者: 栗原亮

エム・エス・シー | ポータブル電源DEENO S1500

株式会社エム・エス・シー

周辺機器やデジタル向けアクセサリの製造・販売に加え、数多くの海外輸入ブランドも取り扱い、iPhone向けにもユニークな製品を提供しています。【URL】https://www.mediasell.co.jp

ポータブル電源DEENO S1500

[発売]DEENO(ディーノ)[価格]11万9900円

[URL]https://deeno.mediasell.co.jp/

最新のリン酸鉄リチウム電池とインテリジェントなバッテリ管理システムを搭載したポータブル電源。レジャーから災害対策まで幅広いシーンに対応します。3つのUSB-Aポート、2つのUSB-C出力ポートに加え、ワイヤレス充電、DC出力、カーチャージャ、AC出力ポートを3ポート装備し、同時に12台のデバイスへの電源供給が可能なほか、AC電源からのパススルーや電力遮断時に10ms以内でバッテリ給電に切り替わるUPS機能も備えます。本体サイズは239(H)×393(W)× 227(D)mm、重さは14.7kgです。

【私がレビューします】Mac Fan編集部 笹本貴大

本誌編集長。災害時の備えとして、いまやポータブル電源は必須のアイテムです。野外でも大活躍しますよね。

キャンプや災害の備えに役立つポータブル電源

アウトドアブームを背景に、車でキャンプに出かけたり、車中泊を楽しんだりする人が増えています。そんな中、夜間にエンジンをかけることを禁止しているキャンプ場なども多いので、車載の小型冷蔵庫を動かしたり、iPhoneなどのモバイル機器を充電したりするにはポータブル電源が欠かせません。

そこでおすすめしたいのが、ディーノ(DEENO)から発売開始された「S1500」です。大容量のポータブル電源というと直方体の無骨なデザインの製品も多いですが、S1500は角を丸めたオーバルを基調としたデザインで、非常にスマートな印象です。グレーの筐体に電源の入出力ポートや冷却ファンの場所を指し示すオレンジの配色も新鮮で、実際にアウトドアシーンで使ってみたところ、友人からも高評価でした。

本体前面には視認性の良い4.3インチのカラー液晶でバッテリ残量などの情報を確認しやすいほか、各種の出力ポートが集中しているなど、野外での操作性も直感的で良好でした。また、バッテリの残量などを確認できるアプリもリリース予定です。

搭載されているバッテリは約1kWh(1036Wh)と大容量で、アウトドアのレジャーはもちろん自宅での非常用電源としても役立ちます。たとえば、ACコンセントの電源出力を備えているので、急な停電になっても冷蔵庫や炊飯器、電子レンジといった家電も十分に動かせる電力を供給できます。

また、USB−AやUSB−Cポートに加えてiPhoneのワイヤレス充電にも対応しているので、同時に複数のデバイスを充電するシチュエーションにも余裕を持って対応可能でした。自然災害の多い日本では、一家に1台備えておきたいアイテムと言えるでしょう。

本体は14・7キロとそれなりに重たいイメージですが、格納されている伸縮式のハンドルを引き出せば両手で意外と楽に持ち運ぶことができました。また、ハンドルを収納すると突起物のない形状になるため、車の後席の足元など限られたスペースを有効活用でき、実用性の高さも感じます。

本体はACコンセントに接続し、約2時間でフル充電できます。さらに別売りの「DEENO 200Wソーラーパネル」を接続すれば、太陽があればどこでも充電可能なのもポイントです。実際に試してみたところ、好天時に約6時間で充電できました。そのほか、シガーソケットや発電機での充電もサポートしています。

安全性とエコフレンドリーを兼ね備えた次世代バッテリ

充実した機能を備えるS1500ですが、注目したいのがその安全性と環境への優しさです。従来のポータブル電源では三元系(ニッケル、マンガン、コバルト)のリチウムイオン電池の採用が一般的でしたが、エネルギー密度が高く小型化しやすいメリットがある半面、高温高熱下の安定性が低く熱暴走や発火・爆発のリスクが高いという欠点がありました。

一方で、S1500で採用されているリン酸鉄リチウムイオン電池は、素材自体の安定性が高いため熱や衝撃に強く、バッテリのライフサイクルも同条件で3500回以上と長寿命といった特性があります。レアメタルを使用しないリン酸鉄リチウムイオン電池は、将来的なリサイクルに際しても環境負荷が低いのもメリットです。

正規代理店のエム・エス・シーでは、充実した電話サポートや保証期間経過後の回収と再生を将来的な構想としているため、環境を大事にしたい人にとって魅力的な選択肢となるでしょう。

「DEENO S1500」のココがすごい!

オプションのソーラーパネルで好天時は約6時間で充電!

シガーソケット充電に対応するほか、オプションで販売される「DEENO 200Wソーラーパネル」を接続することで好天時には約6時間での充電が可能です。また、背面には最大約400ルーメンのLED照明を搭載し、アウトドアや停電などの非常時にも広範囲を照らすことで安心して利用できます。

大容量バッテリと豊富なポートで最大12台に給電可能!

1036Whの大容量バッテリは家庭用電源を用いることで約2時間でフル充電可能です。AC出力のコンセントは3基で定格1500W出力、ピークで3000Wに対応するので電子レンジなども安定して利用できます。また、USB-Aが3基(18W)とUSB-Cを2基(100W)を備え、Macなどモバイルデバイスの同時充電も余裕があります。本体上部でiPhoneのワイヤレス充電も可能です。

リン酸鉄リチウムイオンを採用し安全性や携帯性も抜群!

一般的なポータブル電源に用いられる三元系のリチウムイオン電池と比べて高温・高熱下での動作安定性に優れるリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しています。また、充放電の繰り返しサイクルが約3500回以上と耐用年数も長いのも特長です。本体を持ち運ぶ際のハンドルは収納式で、耐衝撃性と難燃性を備えた素材(ABS+PC)の採用で安全性を高めています。

革新的なポータブル電源を生み出す「DEENO」ってどんなメーカー?

宗廣宗三さん

株式会社エム・エス・シー代表取締役社長

DEENOは、水中ドローン(ROV)の分野で世界的に知られているCHASING社のグループ企業です。ドローンに欠かせないバッテリ管理技術のノウハウを持つ彼らのポータブル電源製品は、ファブレスではなく自社で一貫して製造されているのが特長です。防災やリサイクルへの感度が高い日本の消費者にも受け入れやすく、私たちの企業理念とも合致するところが多いと考えて取り扱いを決めました。大手の家電量販店をはじめ、私たちのECストア「MiraiSell Selection(ミライセル セレクション、通称ミラセレ)」でも購入できますので、ぜひご確認ください。

劉威さん

DEENOプロダクトマネージャー

DEENOは2020年10月に中国・深センで設立されたテクノロジー企業で、米国にも子会社を持っています。技術チームのコアメンバーはHuaweiやLG、Foxconnなどの出身で、インテリジェントなBMS(バッテリ管理システム)の技術を家庭用ポータブル電源に融合した製品を開発しています。

私たちのミッションは、デジタル技術を用いてクリーンで効率的なグリーンエネルギーの革新を図り、持続可能な発展を実現することです。DEENO S1500に採用されているリン酸鉄リチウムイオンバッテリは従来のリチウムイオンよりもはるかに安全性が高くて長寿命という特性があり、まさにこれからの循環型社会に最適な製品です。アウトドア愛好家や旅行者、モバイルワークや防災など、あらゆるライフスタイルに合わせてご利用いただければ幸いです。

製品貸与●エム・エス・シー