Mac業界の最新動向はもちろん、読者の皆様にいち早くお伝えしたい重要な情報、
日々の取材活動や編集作業を通して感じた雑感などを読みやすいスタイルで提供します。

Mac Fan メールマガジン

掲載日: 更新日:

Dell製USB-CモニタがMacユーザにおすすめな理由

著者: 上門達希

Dell製USB-CモニタがMacユーザにおすすめな理由
タイアップ:デル・テクノロジーズ株式会社

 

マルチ画面で効率化

効率的にビジネス文書を作成したり、思いどおりに写真や動画を編集したりするときには、広いデスクトップ画面が必要不可欠です。とくにクリエイティブ分野では、アドビの「フォトショップ(Photoshop)」「イラストレータ(Illustrator)」などのプロ向けツールにおいて多くのパネルを展開するなど、コンテンツを最大限表示しながら作業することでしょう。もちろん一般的なビジネス用途でも、たとえば書類を開きながらWeb会議に参加できるなど、マルチタスクや効率化の面でさまざまなメリットがあります。

Macには仮想的なデスクトップを増やせる「ミッションコントロール(Mission Control)」機能が標準で搭載されていますが、よりわかりやすく、効果的に作業スペースを増やすには、外部モニタを導入するのが一番です。

 

選ぶならUSB-C

外部モニタを購入する際の基準としては、サイズや解像度、コストなどいくつかありますが、「コンピュータとの接続方法」は使い勝手の面で非常に重要なポイントです。そしてこれから購入するなら、USB-C接続に対応した製品を選ぶのが断然おすすめです。

現行のMacシリーズは、すべてのモデルがUSB-Cポートを搭載しています。そのため、ディスプレイポート・オルタネイトモード(Display Port Alternate Mode)やサンダーボルト(Thunderbolt)に対応したUSB-Cケーブルであれば、それ1本でデジタル映像出力と音声出力が可能です。

また、USB PD(Power Delivery)対応の外部モニタとMacBookの組み合わせであれば、映像出力と電力供給を同時に行うことができます。そのため「デスク周りをスッキリさせたい」「日頃使うケーブルを極力減らしたい」という場合には、ベストな選択肢です。

USB-Cモニタはさまざまなメーカーから発売されていますが、特におすすめなのがデルの製品です。その理由を、次のページから見ていきましょう。

 

USB-C対応モニタのメリット

現行MacでUSB-C対応外部モニタを選ぶ最大のメリットは、日頃使うケーブルを1本化できること。またハブ機能を搭載した外部モニタであれば、周辺機器をモニタ側に直接接続することもできるため、デスク上をきれいに保ったまま利用可能です。

 

MacBookユーザの半数以上が利用

2023年12月のデルの調査によると、週1回以上テレワークしているMacユーザの内、63.8%が外部モニタを使用しているそうです。解像度ではフルHD(1920×1080ドット)、WQHD(2560×1440ドット)の順で人気です。

 

USB Type-Cモニタの市場シェア

IT専門調査会社IDCのデータ(※)によると、USB-Cモニタの市場シェアは2020年と比較して約5倍に伸びており、現在ではモニタ全体の約17%を占めるに至っています。

(※)出典:IDC Worldwide Quarterly PC Monitor Tracker 2023Q4 Share by Brand Extracted only “USB Type-C” mounted monitors.

 

 

なぜDell製モニタがおすすめなの?

 

Point1 出荷台数でもUSB-Cモニタでも世界ナンバーワン! 信頼のトップブランド

なぜデルの外部モニタを買うべきなのか。その理由のひとつが、同社が全世界で出荷台数が10年連続ナンバーワンを誇る信頼度の高いブランドであるからです。デルは前ページで紹介したUSB-Cモニタはもちろん、映画鑑賞やクリエイティブ用途にぴったりな高精細な4Kモニタや、視野角が広く目が疲れにくい曲面ワイドモニタ、外出先でもマルチモニタ環境で作業できるポータブルモニタなど、用途・目的ごとに多彩なラインアップを展開しています。解像度やリフレッシュレート、Webカメラの有無、対角サイズ、ポート、コストなど、さまざな基準から自分に最適な1台を選択することができるのもポイントです。

ニーズに合わせて多彩なラインアップを展開するデルの外部モニタは、10年連続で出荷台数ナンバーワン。USB-C対応モニタのカテゴリにおいても出荷台数が世界1位と、圧倒的な人気を誇っています

 

Point2 macOSに正式対応! ポテンシャルを引き出すデザイン・パフォーマンス

デルは「XPS」や「Latitude」「Inspiron」といった人気のノートPCを自社で開発・販売しているうえ、ビジネス現場では同社の外部モニタを頻繁に目にします。そのため「デルの外部モニタはWindowsマシンでしか使えない」と思っている人もいるかもしれませんが、もちろんmacOSにも正式対応しています。たとえば、液晶の3辺に極薄ベゼルを採用した「P」シリーズは、洗練されたデザインでMacとの併用に最適。機能面も充実しており、さまざまな作業スタイルでパフォーマンスを発揮できます。またハイエンド向け「U」シリーズでは、革新的な設計と最新テクノロジーを搭載。Macでアウトプットの質を向上させたいプロフェッショナルにとって、べストパートナーになってくれるでしょう。

デルの外部モニタは、もちろんMacでも利用することができます。「システム設定」の[ディスプレイ]パネルを開けば、配置や使用形態、解像度などを細かく調整可能です。

 

Point3 万が一の故障時にも安心! 充実のサポート体制が魅力

外部モニタを選ぶとき、サポートの充実度もチェックしておきたいポイントのひとつです。デルの外部モニタは3年間のハードウェア保証が適用されており、万が一故障が発生した場合には、最短で翌営業日に代替品が発送されます。また「プレミアムパネル保証」として、ハードウェア保証期間内で画面上に1つでもドット抜けが見つかった場合には、無償で製品を交換してくれます(黒点は除く、P・Uシリーズを中心に対応)。さらに、有償の「ProSupport」を追加で購入すると、不具合が起きた際にプロフェッショナルエンジニアによる電話サポートを24時間365日受けられるようになります。

デルの外部モニタは、充実したサポート体制も特徴のひとつ。とくに「プレミアムパネル保証」では、明るいピクセルが1つでも見つかった場合、保証期間内であれば無償でモニタを交換してくれます。

 

「脱! 発泡スチロール」でコンパクト化 Dellが取り組む環境への配慮

PCや周辺機器を選ぶとき、今日では、環境への配慮やサステナビリティの観点は見逃せません。現在デルでは、法人向けモニタの約85%が再生プラスチックで製造されていたり、梱包に100%リサイクル可能な段ボールを使用して脱・発泡スチロールを実現していたりと、あらゆる面で環境へ負荷がかからない仕組みを取り入れています。

梱包素材としてよく見かける発泡スチロールは使わず、デルでは100%リサイクル可能な段ボールを活用。発泡スチロールの生産・廃棄で生まれる環境への負荷と処理時の手間を低減しています。

 

 

編集部おすすめ! Dellの人気モニタシリーズ

 

おすすめ1 スペースパフォーマンスを高めるモニタ+アーム/4Kモニタ

「Macと一緒に外部モニタを使いたいけど、自宅に設置する場所がない」と悩んでいる人は多いでしょう。そんなときにおすすめなのが「モニタアーム」です。モニタアームは、アーム部分をデスクの端などに固定させることでモニタを宙に浮いた状態で利用できるため、限られたデスク上のスペースを有効活用できます。

また、外部モニタを選ぶ基準にはさまざまなものがありますが、その中でも「解像度」は見逃せない要素です。一般的な選択肢としてはフルHDが挙げられますが、よりきれいな画質で生産性を上げたいなら「4Kモニタ」がおすすめ。昨今は4Kコンテンツを楽しめる動画配信サービスも豊富になってきたので、ビジネス/クリエイティブ用途ではもちろん、プライベートでもメリットが大きいといえるでしょう。そして、モニタ上の色味を正確にマネジメントしたい場合は「キャリブレーション」機能を搭載したモニタを購入するとよいでしょう。モニタには個体差があるうえ、色温度や輝度が経年変化するため、シビアな色調整が必要なシーンでは必須機能となってきます。

 

「IPS Blackテクノロジー」対応パネルでメリハリある美しい色彩を映し出そう

「U2723QE」は、現実の色を忠実に再現したい人に最適なUSB-C対応4Kモニタです。従来のIPSパネルよりも高いコントラスト比を実現した「IPS Blackテクノロジー」に対応しており、深い黒と鮮やかな色彩をいっそう表現力高く映し出すことが可能です。またDCI-P3カバー率98%とVESA DisplayHDR 400によって、コンテンツの細部まで美しく表示してくれます。さらにパフォーマンスを損なうことなくブルーライトの発生を抑える「ComfortView Plus」にも対応し、長時間の作業でも目への負担を軽減してくれます。

 

U2723QE

[発売]デル・テクノロジーズ [価格]6万2605円(直販価格)

[URL]https://www.dell.com/ja-jp/shop/dell-デジタル-ハイエンド-シリーズ-27-4k-usb-c-ハブ-モニター-u2723qe/apd/210-bdzo/モニター-モニターアクセサリー

 

ベゼルを極限まで薄くした「InfinityEdge」や上質なプラチナシルバーの仕上げなど、スタイリッシュな見た目で自宅やオフィスにすっきりと馴染みます。

 

キャリブレーション対応モニタとアームでプロフェッショナルの仕事を徹底的にサポート

「UP3221Q」は2KミニLEDバックライトゾーンを搭載した世界初の32インチモニタで、4K HDRコンテンツをこれまで以上にコントラスト高く、リアルかつ鮮明に表示してくれます。VESA DisplayHDR 1000と最大輝度1000ニト(ピーク時)に対応しており、究極のビジュアル表現を実現。Calmanの測色計を搭載しているため、定期的にキャリブレーションを行いたいクリエイターにもおすすめです。また、「MSA20」は工具なしで組み立て可能なシングルモニタアームで、限られたデスクスペースでもきれいにマルチディスプレイ環境を構築できます。同製品には最大10本のケーブルをまとめられるクリップも搭載しているため、周辺機器のケーブル類をすっきりとまとめることができます。

 

UP3221Q

[発売]デル・テクノロジーズ [価格]37万7300円(直販価格)

[URL]https://www.dell.com/ja-jp/shop/dell-デジタル-ハイエンド-シリーズ-32-4k-usb-c-モニター-up3221q/apd/210-axvw/モニター-モニターアクセサリー

 

MSA20

[発売]デル・テクノロジーズ [価格]1万8279円(直販価格)

[URL]https://www.dell.com/ja-jp/shop/dellシングル-モニター-アーム-msa20/apd/482-bbdj/モニター-モニターアクセサリー

 

写真は32インチの「UP3221Q」を「MSA20」を使って設置したところ。モニタアームを併用することで、マウスやキーボード、周辺機器で溢れがちなデスク上でもすっきりと設置することができます。

 

おすすめ2 テレワーク用ポータブルモニタ

カフェやコワーキングスペースなど、外出先でもMacBookの画面を拡張して作業効率を上げたいシーンはよくあります。そんなときに便利なのが、ポータブル用の外付けモニタです。一般的な据え置き型のモニタと比べて、サイズは13~15インチと、コンパクトかつ携帯性に優れた製品が主流となっています。カバンにサッと入れて持ち運べるため、営業先で資料を相手に見せたり、データを参照しながらプレゼン資料を作成したりといったことが実現できます。もちろん外出先だけでなく、自宅での利用でもメリットはたくさん。小型で場所を取らないため、狭いデスクでも賢くマルチディスプレイ環境を構築することができます。コストパフォーマンスに優れた製品が多いため、導入しやすいのもメリットです。

 

カバンに入れて外出先でもマルチディスプレイ! 超薄型・超軽量のUSB-C対応ポータブルモニタ

「P1424H」は、厚さ6.5mm未満、重量700gと超薄型・超軽量を実現した14インチのポータブルモニタです。フルHDに対応した非光沢IPSパネルは、広い視野角と高精細な表現力で外出先での生産性を飛躍的に向上させてくれます。10~90度で角度を調整できるスタンドが取り付けられており、フレキシブルな使い勝手を実現できます。またスタンド部分にDisplayPort Alternate ModeおよびUSB PDに対応したUSB-Cポートを2基搭載。USB-Cケーブル1本で映像出力と電力供給を同時に行えます。

 

P1424H

[発売]デル・テクノロジーズ [価格]4万6046円(直販価格)

[URL]https://www.dell.com/ja-jp/shop/dell-14-ポータブル-モニター-p1424h/apd/210-bhrx/モニター-モニターアクセサリー

 

「P1424H」はUSB-Cのパススルー充電に対応しているため、USB PD対応の電源アダプタやモバイルバッテリがあれば、本製品とMacBookを同時に給電することができます。

 

おすすめ3 テレワーク用一体型モニタ/デュアルディスプレイ用曲面モニタ

オンラインミーティングに頻繁に参加する場合、外付けのWebカメラを導入するのもひとつの手ですが、別途コストが発生してしまいます。そんなときは、Webカメラが標準搭載された一体型のモニタがおすすめです。一般的なノートPCに内蔵されたWebカメラよりもきれいに自分を映し出せるケースが多いだけでなく、設置場所に頭を悩ませる必要もありません。また、生産性向上の観点からは曲面モニタの導入も検討するとよいでしょう。モニタの左右端が内側に曲がっているため、一般的な平面モニタよりも視認性が高い、目が疲れにくい、没入感が高いなどのメリットがあります。

 

最先端のWebカメラ&マイクでテレワークの生産性をグッと上げよう

「P2724DEB」は、世界ではじめてMicrosoft TeamsとZoomの認定を受けた、27インチのビデオ会議用モニタ。筐体上部中央には「2K QHD Sony STARVIS」センサとマルチエレメントレンズを搭載したWebカメラが搭載されており、オンラインミーティングでも自分の姿を明るく鮮明に映し出すことができます。また、AIによる自動フォーカスや3D/2Dノイズリダクションにより、被写体をブレずに捉えることが可能です。

 

P2724DEB

[発売]デル・テクノロジーズ [価格]7万7429円(直販価格)

[URL]https://www.dell.com/ja-jp/shop/dell-27-ビデオ会議用モニター-p2724deb/apd/210-blfc/モニター-モニターアクセサリー

 

Eye Comfort認証で世界初の5つ星を取得! 目にも優しい5K対応の曲面モニタ

「U4025QW」は、5K解像度、120Hzのリフレッシュレートを備えた40インチの超ワイドな曲面型モニタです。「U2723QE」同様にIPS Blackパネルやキャリブレーション機能を搭載するほか、映像出力には最大140Wで給電できるThunderbolt 4(USB-C)やHDMI 2.1、DisplayPort 1.4など複数のポートを用意するなど、プロフェッショナルユーザにとって最適な環境を提供してくれます。目の健康にも最大限配慮した作りになっています。

 

U4025QW

[発売]デル・テクノロジーズ [価格]25万7158円(直販価格)

[URL]https://www.dell.com/ja-jp/shop/dellデジタル-ハイエンド-シリーズ40曲面thunderbolt-ハブ-モニター-u4025qw/apd/210-bmcw/モニター-モニターアクセサリー

 

本記事はデル・テクノロジーズ株式会社とのタイアップです。