Mac業界の最新動向はもちろん、読者の皆様にいち早くお伝えしたい重要な情報、
日々の取材活動や編集作業を通して感じた雑感などを読みやすいスタイルで提供します。

Mac Fan メールマガジン

掲載日:

株式会社グリーンハウス | DIGL(ディグル)

著者: 小平淳一

株式会社グリーンハウス | DIGL(ディグル)

株式会社グリーンハウス

パソコン、スマートフォン・タブレット、映像・オーディオ関連、そしてキッチン・ライフスタイル関連製品まで幅広く展開しています。

【URL】https://www.green-house.co.jp/

DIGL(ディグル)

[発売]グリーンハウス

[価格]単体:2980円/3個セット:7980円

[URL]https://www.green-house.co.jp/smart-tag_digl/

iPhoneやMacの「探す」アプリで利用できる紛失防止用スマートタグ。ブラックとホワイト、2色のカラーバリエーションが用意されています。

【私がレビューします】

Mac Fan編集部 笹本貴大

本誌編集長。どんなに気をつけていても、忘れ物って出てくるものですよね。テクノロジーのチカラで解決したいものです。

コスパ抜群の紛失防止タグ

バッグや財布、そのほか大切なものをちょっとした不注意でなくしてしまったり、わずかな隙に持ち去られてしまったら…。そんな不安を減らしてくれるのが、紛失防止タグの「DIGL(ディグル)」です。

アップルも「エアタグ(AirTag)」という紛失防止タグを販売していますが、1つ4780円と少々高価なのがネック。一方、DIGLなら単体で2980円で購入できるので、コスパの良さが魅力です。

DIGLは手頃な価格でありながら、使い勝手はエアタグとほぼ同じです。iPhoneやiPad、Macの標準アプリ「探す」を使えば、DIGLのある場所がすぐにわかります。「部屋の中のどこかにあるはずなんだけど…」というときは、DIGLに搭載されているブザーから音を鳴らして探し出すこともできます。

また、手元から離れたとき、iPhoneやアップルウォッチに通知を表示することも可能です。どこかに置き忘れてしまったときでも、早い段階で気づくことができ、安心です。

なお、iOS 17では、紛失防止タグの位置情報を複数人で共有する機能が追加されました。これによって、子どものカバンを両親で共有したり、ペットの首輪にDIGLをつけて家族で位置を共有したりといったことも可能です。

サイズや重量はエアタグとほぼ同じで、コインのような丸い形状も共通しています。エアタグと違って本体にストラップホールがあり、財布やキーホルダーに手軽に取り付けられるのはDIGLならでは。好みに合わせて選べる白と黒のカラーバリエーションが用意されているのも差別化のポイントだといえるでしょう。

ペットが迷子になってもすぐに見つけられる

私はこの製品を、1年前にリリースされた直後から使っています。エアタグよりもコスパが良い点に惹かれて手に入れたのですが、アクセサリが充実している点も魅力に感じています。

まず、カラビナ付きの「タグケース」は、バッグやキーホルダーなど幅広いアイテムに装着できるのがポイントです。DIGL自体を衝撃から守ってくれるほか、金属製の丈夫なカラビナがしっかりと固定してくれます。5色のカラーバリエーションがあり、さまざまなバッグのデザインに合わせやすいのもポイントです。

ペット用の「首輪/ハーネスケース」も注目のアクセサリです。一瞬窓を開けた隙にペットが逃げ出してしまうという話はよくありますが、その後ペットが自力で帰ってこられないケースも多いようです。しかし、DIGLを首輪やハーネスに取り付けておけば、どこかに迷い込んでも速やかに捜索できます。ループに首輪やハーネスを通すというシンプルな構造で、ほとんどの首輪/ハーネスに取り付けられるでしょう。また、このアクセサリは全体が軽量なシリコーン素材でできているため、重みでペットに負担を与える心配もありません。そもそもDIGLの本体重量もわずか9グラム(電池含む)なので、猫や小型犬でもストレスなく装着し続けられるでしょう。

自転車につければ家族みんながうれしい

さらに、個人的に注目しているのが自転車に取り付けられる「反射板ケース」です。DIGLを反射板の中にすっぽりと収納し、それをサドルの下などに取り付けられます。最近、電動自転車を購入したのですが、なかなか値段がしたものなので盗難が不安でした。街角で少し駐車しているときもずっと気になっていましたが、DIGLを取り付けたことで不安が軽減されました。

なお、DIGLは本体がIP66という防塵防水性能を備えているほか、反射板ケースもある程度の密閉性があるため、天候を気にせず自転車に装着できます。

加えて、この反射板ケースは、子どもの自転車につけておくのもおすすめです。子どもが友だちと遊びに出かけたときも、位置情報がiPhoneで確認できます。プライバシーの問題もあるので、子どもとよく話し合ったうえで装着する必要はありますが、小さな子どもを持つ親としてはありがたい存在です。

DIGLにはほかにも、ノートパソコンなどの平らな面に吸着する「貼り付けケース」や、自転車のサドルの中に格納する「サドル用ケース」もあります。大事なものにどんどんDIGLを取り付けていくと、その分安心が増えていきます。

なお、DIGLは単体販売だけでなく、3個入りセットもあり、こちらは7980円(1個あたり2660円)とお買い得。なくしたくないものが多い場合は、最初からセットで買うのもおすすめです。

「DIGL(ディグル)」のココがすごい!

自転車が紛失や盗難に遭う心配を軽減してくれる

自転車にDIGLを取り付けられる「反射板ケース」([価格]1880円)。取り付けはマジックテープをポールに巻き付けるだけ。万が一盗難に遭っても位置がわかります。

金属製カラビナ付きのシリコンケース

丈夫な金属製のカラビナがついた「タグケース」([価格]880円)。取り付けは至って簡単です。5色のカラーバリエーションが用意されています

純正の「探す」アプリで簡単に位置がわかる

DIGLはiPhoneやiPad標準の「探す」アプリで位置を探せます。音を鳴らしたり、ほかの人と位置情報を共有するといったことも可能です。

こちらのグリーンハウス製品もイチオシ! 「GH-AMEP1シリーズ

Macに外付けディスプレイを接続して使うなら、モニターアームの利用がオススメです。細かな作業を行うときと動画の視聴時ではユーザの姿勢が変わってきますが、モニタアームがあれば自由にディスプレイの位置を調節できます。GH-AMEP1シリーズは、4軸タイプで位置の自由度が高いのが魅力です。机の上から締め付けて固定できるC型クランプと、机に穴を開けてしっかりホールドするグロメット式の両方に対応しているのもポイントです。

VESA規格に対応したガススプリング式モニターアームです。省スペースなポールタイプなので机周りのスペースを有効活用できます。ブラックとホワイト、2種類のカラーバリエーションを展開しています。

製品貸与●グリーンハウス