Mac業界の最新動向はもちろん、読者の皆様にいち早くお伝えしたい重要な情報、
日々の取材活動や編集作業を通して感じた雑感などを読みやすいスタイルで提供します。

Mac Fan メールマガジン

掲載日:

iPadがPCに大変身! 「Combo Touch」を 使うべき4つの理由

著者: 井上晃

iPadがPCに大変身! 「Combo Touch」を 使うべき4つの理由

私が紹介します!……井上晃

スマートフォン、タブレット、スマートウォッチなど最新ガジェットやサービスなどを多数取材・執筆する。普段はiPad Proを執筆用のサブデバイスとして活用中。

Combo Touch

トラックパッドを備えた日本語配列(第7~8世代iPad用は英語配列)のキーボード一体型ケース。シザー式でキーストロークは1mm、キーピッチは18mm。2年間の無償保証期間も備えている点も安心。

SPECS & DESIGN

【発売】株式会社ロジクール

【価格】 iPad(第7~8世代)用:2万460円、iPad Air(第4世代)用:2万2770円、iPad Pro 11インチ(第1~3世代)用:2万2770円、iPad Pro 12.9インチ(第5世代)用:2万6730円

【URL】 https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/ipad-keyboards/combo-touch-ipad.html

【対応モデル】iPad(第7~8世代)、iPad Air(第4世代)、11インチiPad Pro(第1~3世代)、12.9インチiPad Pro(第5世代)(※購入時に選択:製品購入はこちらから)

今どきのiPad活用に欠かせない逸品

最新のiPadシリーズの処理性能は、MacBookなどのノートPCにも引けを取らないほど優れています。OSの操作性も改良され続けており、日々の仕事や趣味の作業をこなす用途にも十分に活用可能です。

iPadの作業効率をより高めるうえで検討したいのが、キーボード一体型ケースです。特にトラックパッド搭載の製品では、ポインタによって、テキスト指定や表計算アプリのセルの操作なども行いやすくなるなど、慣れ親しんだMacシリーズの操作感を再現できます。アップル純正品としては、iPadプロやエアなどの上位モデル用の「マジックキーボード(Magic Keyboard)」がトラックパッドを搭載しています。しかし、同製品は価格が高く、ただでさえ高額な上位モデルを買ったうえでさらに追加購入が必要となると、なかなか手が出ない人も少なくないはず。一方、iPad向けでは比較的手頃な「スマートキーボード(Smart Keyboard)」シリーズがありますが、こちらは残念ながらトラックパッドを備えません。

そこでおすすめしたいのが、ロジクールのトラックパッド付きキーボード一体型ケース「コンボタッチ(Combo Touch)」です。純正品と比べて価格を抑えられるのはもちろん、さすがアップルとの共同開発も多いメーカーの製品だけあり、表面のファブリックの質感やキーの打鍵感などから、品質へのこだわりが伝わります。

本製品はスマートコネクタ(Smart Connector)にも対応し、充電やペアリングの管理が不要。まさに、iPadの“ノートPC化”にぴったりの逸品です。ちなみに、純正品とは異なり、端末側面をしっかりガードできることも、iPadユーザにとってうれしいポイントです。

ケース部の前面・背面、およびキーボードのパームレスト部分などには、こだわりの織物素材を採用。見た目や手触りが良く、カバンからの出し入れも容易です。

本製品はiPadシリーズのSmart Connectorに対応します。同規格に対応するiPadシリーズとマグネットで接続し、充電やペアリング不要ですぐに使えます。

Combo Touchのココがすごい! 1・[Trackpad]

滑らかなトラックパッド搭載で合理的&効率的な操作を実現

iPad用Magic Keyboardと同様に、トラックパッドが備わっているので、場所を問わずにポインタで操作が行えるのが最大の特徴。タイピングのホームポジションに置いた手を、画面タッチのたびに頻繁に手を上下に移動させる必要がなくなります。合理的に使えるだけでなく、操作する姿もスマートに。また、ポインタを使うことで、テキストの指定や表計算アプリのセルの操作などが、今まで以上に正確に行いやすくなるでしょう。

Combo Touchのココがすごい! 2・[Portability]

持ち運びを考慮した細部のこだわりがグッド!

本製品を装着すると、iPadの裏表だけでなく、側面もしっかりガードされた状態になります。Appleの純正品では側面が保護されないので、iPadを長くきれいに運用したい人にとってうれしいポイントです。また、iPad Pro/Air対応モデルでは、ケースを装着したまま第2世代Apple Pencilを側面にマグネットで固定可能。一方のiPad対応モデルでは、第1世代Apple Pencilを固定できるホルダが搭載されており、可搬性にも優れます。

Combo Touchのココがすごい! 3・[Keyboard]

負担のない軽やかな打鍵感と便利な専用キーを搭載

キーストロークはMacBook Airなどと同じ1mmで、打鍵感は軽やか。長文の入力が必要な場面でも、手への負担は少なく、日常使いにぴったりです。バックライトも備わっているので、たとえばプロジェクタを投影中の暗いセミナー会場などでも、キーの位置をしっかり把握できます。また、輝度や音量の調整、スクリーンショットの撮影、曲送りなどが行える専用キーが最上段に備わっていることもポイントです。

Combo Touchのココがすごい! 4・[Kickstand]

目的やシーンに合わせて角度を選ばず柔軟に使える!

背面にはキックスタンドが備わっており、シームレスかつ柔軟に角度を調整可能。ヒンジも手で動かしやすく、勝手にズレない絶妙なレベルの硬さを実現しています。高さの異なる机や膝上などで操作したい場合に、ユーザが画面角度を微調整できるのは、Apple純正の「Smart Keyboard」にはないメリット。また、キーボードを外してキックスタンドを完全に伸ばすと「スケッチモード」になり、Apple Pencilなどを使って描画する際にも快適に扱えます。

iPadシリーズにマッチする種類豊かなロジクールのキーボード

「Combo Touch」以外にも、ロジクールは多くのiPad用キーボード一体型ケースを展開しています。たとえば、これまで教育市場向け展開されていた「Rugged Combo 3」が、このたび一般向けに販売されます。トラックパッドは備えませんが、米国国防総省の物資調達基準のMIL規格をクリアした耐落下性能などに対応。子どもに持たせても安心です。また、トラックパッドを備えた製品としては「Folio Touch」があります。多くの仕様はCombo Touchと共通しますが、Apple Pencilのホルダ部分に留め具があり、意図せぬペンの落下を防ぎます。そのほか「Slim Folio」や「Slim Folio Pro」はApple純正の「Smart Keyboard Folio」に近いデザインですが、iPadの角をしっかり保護できる構造や、ペン部分の留め具が特徴です。「トラックパッドは必要ないけど、高品質なキーボードが欲しい」という方は検討してみましょう。 製品はこちらから。

Rugged Combo 3(iPad(第7~8世代)対応)

【価格】 1万8480円

【URL】 https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/education/ipad-solutions/rugged-combo-3.html

Folio Touch(iPad Pro 11インチ/ iPad Air(第4世代)対応)

【価格】 1万9580円

【URL】 https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/ipad-keyboards/folio-touch.html

Slim Folio(iPad(第7~8世代)対応)

【価格】 1万4080円

【URL】 https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/ipad-keyboards/slim-folio-ipad-keyboard-case.html

Slim Folio Pro(iPad Pro 11インチ(第1~2世代)/12.9インチ(第3~4世代)対応)

【価格】1万6500円~1万7820円

【URL】 https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/ipad-keyboards/slim-folio-pro.html

※本ページ記載の金額はすべてロジクールオンラインストア価格です。

※ロジクールのiPadキーボードには、日本語(JIS)配列の製品と英語配列の製品がございます。事前に仕様をご確認のうえ、ご購入ください。

企画協力●株式会社ロジクール