Mac業界の最新動向はもちろん、読者の皆様にいち早くお伝えしたい重要な情報、
日々の取材活動や編集作業を通して感じた雑感などを読みやすいスタイルで提供します。

Mac Fan メールマガジン

掲載日: 更新日:

未来型モビリティへの期待・前編

著者: 四角大輔

未来型モビリティへの期待・前編

旅するように生きるには、自身のモビリティを高める必要がある。

以前ここでも書いたように、人類のモビリティの原点は「徒歩」である。よって太古の時代、個々の「体力や身体能力」が移動の質を決めていた。

しかし、馬やカヤックという原始的な「乗り物」を獲得したころから(もちろん、それでもまだその時代は、運動能力が大きく左右したのは言うまでもない)、「技術や技能」というものが、旅に大きな影響をもたらすようになった。

それは、産業革命から現代に至るまで、技術革新が進むたびに、より強くなっていくことになる。そして、21世紀となった今、それに「知識や情報」の獲得能力が加わるようになった。

当連載では3回にわたり、欧州モビリティ先進都市の最新情報をシェアしてきた。まとめると、欧州の主要都市では、シェアリング自転車、地下鉄や路面電車、Uberを駆使することで、10年前には考えられないほど効率よく、楽に移動することができるようになった。そんな、ぼくが得た知見がお役にたったらうれしい限りである。

さて、今回からは、ぼく自身が興奮した、もっと未来的なモビリティ事情についてまとめてみたい。

まず挙げるべきは、パリが260億円を投じて、街の命運をかけて取り組んだ、シェアリングEV「オートリブ(Autolib’)」だろう。写真にあるように、街中に充電ステーションが点在し、クールなデザインなフランス製の電気自動車「Bluecar」がズラッと並ぶ。

交通量が多くて狭い路地だらけのパリだが、日本の軽自動車ほど小型なので、スイスイと移動できる。ちなみに、ぼくは、パリとは比べものにならないほど、道が狭いバスク地方や南仏の古都をレンタカーで旅をした経験から、運転技術はかなり鍛えられている。欧州の古い都市でよく見る(東京でも絶対にあり得ないような)、〝車長+わずか〟というような超狭いスペースにも縦列駐車ができるのだが、この車は構造上の工夫からか、それがかなり容易にできた。

だが先日、残念なニュースが飛び込んで来た。EVの数も4000台近くまで増え、充電ステーションの数も充実し、7年間も続いたことで市民の足として定着していたにも関わらず、廃止が決まってしまったのだ。理由は、赤字体質から抜け出せず「累積赤字が400億円近くまで膨れ上がってしまったため」という。

いいニュースもある。この発表を受けて、プジョーとルノーが、新たなEVカーシェアリングの構想をリリース。共に動きは早く、それぞれ年内にはサービスを開始したいということだ。プジョーは「Free2Move」、ルノーは「ルノー・モビリティー」と名づけており、ネーミングからも未来的な響を感じるのは、ぼくだけじゃないだろう。詳細は、新たなプレスリリースを待ちたいと思う。

来月は、もっとブッ飛んだ最新のシェアリング移動網について書いてみたい。

とにかくデザインが好きだったパリのAutolib’。(Photo:YOSUMI's iPhone)

Daisuke Yosumi

レコード会社プロデューサーとして7度のミリオンヒットを創出後、インディペデントな人生を求め、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖へ2010年に移住。現地で半自給自足の〝森の生活〟を営みながら、数ヶ月は世界中で〝移動生活〟を送る。エコ雑誌や登山雑誌などの連載、Instagram、著書、オウンドメディア〈4dsk.co〉をとおして、独自のライフスタイルシフト論を発信。大自然への冒険とアーティスト育成をライフワークとしながら、ベストセラー作家、会員制コミュニティ「L最新刊に、クラウドファンディングで360万円を集めて話題となった『Lovely Green New Zealand 未来の国を旅するガイドブック』など。