Mac業界の最新動向はもちろん、読者の皆様にいち早くお伝えしたい重要な情報、
日々の取材活動や編集作業を通して感じた雑感などを読みやすいスタイルで提供します。

Mac Fan メールマガジン

掲載日: 更新日:

「仕事」で住む場所を決めない生き方・後編

著者: 四角大輔

「仕事」で住む場所を決めない生き方・後編

テクノロジーと交通手段がここまで発達した今こそ、都市近郊でないと仕事がないから食っていけない、という思い込みを捨て去るべきだ。

まず、深呼吸して目を閉じ、胸に手をあてて自身に問いかけてみてほしい。

「自分が本当にやりたいことはなに?」

「そのために最適な居場所はどこ?」

今の住居で問題なければ、そのままで大丈夫だが、もうしそうでないなら、そのための〝ホームプレイス探し〟を始めたほうがいい。こう言うと、現在の職場近くの慣れ親しんだ生活環境を手放すことへの、不安やリスクが頭をよぎることだろう。そんなときは、さらに真剣に、自身の心にこう聞いてみてもらいたい。

「この恐怖感は10点満でどれくらい?」

「そのリスクは絶対に起こりうる?」

どうだろうか。「意外に大丈夫かもしれない」と思われた方はきっと多いはず。そういった人たちは過去に〝人生における大切な空想〟から逃げてきただけあり、「得られること vs 失うことこと」の重大性を本気になってシュミレーションしたことがなかっただけなのだ。

人生を本気で変えたい人たちが集まる、ぼくが主宰するオンラインサロン〈LifestyleDesign.Camp〉のワークショップや対面セッションでは、必ずこれらを問いかける。すると、「今の仕事も居場所も違う」「これらを手放しても何とかなりそう」という反応が大半を占める。

なお、「今の環境は捨てられない」と回答した人には〝失うのが怖いことリスト〟を書いてもらうのだが、その作業を経ることで、ほぼ全員が「きっと大丈夫」と思えるようになるからおもしろい。

次は、グーグル・アースを駆使してのバーチャルトリップを試みてみるべし。ここで大切なのは、「もし金銭的にも、人間関係的にも、言語的にもまったく制約がないとしたら、自分はどこに住みたいか」と考えながら、ネット空間に存在する地球を旅することである。そうやって、あらゆる縛りから精神的に自由になりながら空想し、ハイレベルのワクワク状態で世界を見てみると、思わぬ衝動(=本当の心の声)が湧き出てくるものだ。

「パリの真ん中に住みたかった」「毎日、青い海でダイビングできる環境に暮らしたかった」といった、心の声がどんどん聴こえてくるのである。次のアクションは、スカイスキャナ(Skyscanner)で、そこへの航空券を調べてみること。ぼくが20代の頃にはなかったLCC(格安航空会社)のおかげで、驚くほど安く行けることがわかるだろう。そして、そのワクワクが冷めないうちに、次の大型連休の日程でチケットを購入してしまうのだ。

ぼくは、仕事よりもライフスタイルを優先した結果、ニュージーランドの湖に暮らしながら、世界中を旅して生きている。理想の生き方とホームプレイスは、100人いれば100通りあるはず。これを機に、「あなただけの理想は何か、どこか」を本気で考えてほしい。そして、まずはそこへ旅してみることを勧める。必ずそこで、何かを感じるはずだから。

Airbnbのおかげで、こんな場所で連泊し、旅しながら働くことが可能になった。(Photo:YOSUMI's iPhone)

Daisuke Yosumi

レコード会社プロデューサーとして10度のミリオンヒットを創出後、理想のインディペデントライフを求め2010年、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖へ移住。場所の制約を受けない働き方を構築し、現地でサステナブルな自給自足の暮らしを営みながら、世界中を旅している。Instagram、オウンドメディア〈4dsk.co〉、オンラインサロン〈LifestyleDesign.Camp〉を通して、独自のライフスタイルシフト論を発信。バックパッキング登山、フライフィッシング冒険をライフワークとしながら、5社の代表や役員を務める。著書に、ベストセラー『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』、最新刊『人生やらなくていいリスト』『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』など。当連載から生まれた話題の本『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』は、新しい働き方のバイブルとして若い世代に強く支持されている。