Mac業界の最新動向はもちろん、読者の皆様にいち早くお伝えしたい重要な情報、
日々の取材活動や編集作業を通して感じた雑感などを読みやすいスタイルで提供します。

Mac Fan メールマガジン

掲載日: 更新日:

「アイランド」が教えてくれたこと・前編

著者: 四角大輔

「アイランド」が教えてくれたこと・前編

突然だが、最近、自分が「島好き」だということに気づいた。そもそも、生活しているニュージーランドも、母国日本も島国だ。人生と旅の整理も兼ねて、ここで一気に羅列してみたい。

国内だと西表島、竹富島、石垣島、沖縄本島、阿嘉島、伊良部島、来間島、宮古島、池間島、奄美大島、屋久島、志賀島、直島、小豆島、淡路島、八丈島。強引だが「島」ということで、北海道、本州、四国、九州も入れてみたい。

思い切って海外は「島国」もカウントしよう。台湾、フィリピンのセブ島、スリランカ、ギリシャのサントリーニ島、イタリアのカプリ島、イギリス、デンマークのロラン島、アイスランド、バハマ、キューバ、米国のオアフ島とハワイ島、クック諸島のラロトンガ島とアイツタキ島。日本と同様に、ニュージーランドも、メインの北島と南島も加えてみる。この国のワイヘケ島も忘れてはいけない。そうすると、国内20、海外17で、合計37島となる(ちなみに、釣りで訪れた小さな無人島などは除外)。

これが少ないのか多いのかよくわからないが(ここでのぼくの「島」の解釈も曖昧だし)、ぼくが2018年末までに訪れた国が60だから、それに比べて考えたら少ないのかもしれない。

こうやって整理してみると、あることに気づく。ぼくは「大国」や「大陸」に興味があまりないことに。ニュージーランド暮らしも今年で9年目なのに、お隣のオーストリア大陸には1回しか行っていない。アメリカ大陸、ユーラシア大陸、アフリカ大陸にもあまり惹かれないし、多くの人が口にするロマンみたいな感情も持てない。大国の米国よりも、小国が集う欧州のほうが断然好きだし、大国ロシアや中国に行ったのも1回ずつだ。

この気づきはあとでしっかりと検証したいが、現段階で言えるのは、基本、島や小国に暮らす大半の人たちが、気配りやおもてなしができるということ。そういう人たちに囲まれていると、ぼくは安心するのだ。逆の言い方をすると、自分中心で横暴な人が嫌いである。

そして「島」という形態の土地の周りはすべて海である。上に挙げた島々で車を走らせれば、どんな大きな島の内陸部にいたとしても、かかっても2~3時間以内に海に出られるのだ。大陸だとそうはいかないのは言うまでもない。

海とは、地球上でもっとも雄大な自然。この連載の読者はもうご存知かと思うが、ぼくは自然をこよなく愛している。

ぼくの旅の多くは「自然を求めて」だし、ニュージーランドでは湖畔の森で生活している。昨年はついに、『バックパッキング登山入門』と『バックパッキング登山紀行』を同時発売。この2冊は、8年続けてきた登山誌での連載や、アウトドア誌やフィッシング誌で20年近く書いてきた冒険記をまとめたものである。

島(国)にいると、「海」という大自然を常に身近に感じられる。自然との近い距離感が、人に、人生に、さまざまな影響を与えているはずなのだ。(次号へ)

過去No.1だったアイツタキ島。ここの詳細は次号にて。(Photo:YOSUMI's iPhone)

Daisuke Yosumi

レコード会社プロデューサーとして7度のミリオンヒットを創出後、インディペデントな人生を求め、ニュージーランドの原生林に囲まれた湖へ2010年に移住。現地で半自給自足の〝森の生活〟を営みながら、数ヶ月は世界中で〝移動生活〟を送る。エコ雑誌や登山雑誌などの連載、Instagram、著書、オウンドメディア〈4dsk.co〉をとおして、独自のライフスタイルシフト論を発信。大自然への冒険とアーティスト育成をライフワークとしながら、ベストセラー作家、会員制コミュニティ「Lifestyle Design Camp」学長、大学非常勤講師など複数の顔を持つ。最新刊に、クラウドファンディングで360万円を集めて話題となった『Lovely Green New Zealand 未来の国を旅するガイドブック』など。